その選び方で大丈夫ですか?【人材獲得の手段】

こんにちは、Vetween編集部です。今回はタイトルにもある通り、人材獲得の手段について解説いたします。 それぞれかかる費用も違うだろうし、どの方法が会社に合っているのかわからない!そんな悩みのある担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか? 会社に合った獲得方法を選ばないと、ミスマッチの増加や費用対効果が悪くなってしまう危険性があります。

今回は、今後の採用活動に役立つ、人材獲得の手段についてまとめました。今後の採用活動の参考にしていただければと思います!

人材獲得の手段

人材獲得の手段は大きく分けて3つあります。

  • 人材紹介
  • 求人媒体
  • 合同説明会

人材紹介

人材紹介サービスは、人材を採用したい企業と就職、転職がしたい人材をつなげる仲介サービスです。 急な欠員が出て至急人員の補充が必要な場合や、ピンポイントで専門技術や経験がある人材を採用したい場合に有効な手段です。

求人媒体

求人媒体は、企業の情報をWeb上や紙で公開し求職者を募集する媒体のことを言います。 タウンワークやdodaなどをイメージして頂ければわかりやすいと思いますが、多くの求職者が企業情報を目にすることが出来ます。

合同説明会

合同説明会とは、文字通り様々な企業が集まって説明会をするイベントです。 参加者は就活始めたての学生が多く、各社がブースを設け、ブースに集まった学生に向けて事業内容や社風を説明したり、またはブースを設けずに説明会に来た学生に向けて説明をする等、様々な形式のイベントがあります。

・人材獲得には大きく分けると人材紹介、求人媒体、合同説明会の3種類がある ・それぞれ違った特徴があり、目的に応じて使い分ける必要がある


それぞれのメリット

人材紹介のメリット

  • 欲しい人材をピンポイントで募集できる
  • マッチング率が高く内定辞退が無い
  • 成功報酬型である

資格や経験等を指定すればほしい人材がピンポイントで募集出来ます。それに伴って企業に適した人材のみを集められるのでマッチング率も比例して高くなります。 また、成功報酬型であることがほとんどなため「お金払ったのに一人も採用できなかった!」なんて悲しいことにはなりません。

求人媒体のメリット

  • 多くの求職者に情報を公開できる
  • 複数名を一気に採用できる

特にWeb求人媒体は圧倒的に登録者数が多く、求職者がまず手を付けるサービスです。多くの求職者が閲覧可能なため、それに伴い多くの応募を受けることが可能です。 運用方法やサービスプランの設定によっては料金以上の成果が出せる可能性もあります。

合同説明会のメリット

  • 会社の雰囲気を伝えられる
  • 求職者のターゲットを広げられる
  • 先入観のない求職者が多い

ブースを設け、求職者との距離が近くなるため、会社の雰囲気や業務内容を丁寧に伝えることが出来ます。 また、先述した通り就活始めたての学生が多いため「他社目当てで見に来てたけど、説明聞いたら興味沸いてきた!」なんて学生も少なくはないです。 大きな説明会イベントでは費用に応じて横断幕などを作ってもらえたりするので、ブースをグレードアップさせることもできます。

・人材紹介はマッチング率が高い ・求人媒体はより多くの募集が出来る ・合同説明会は丁寧な自社アピールが出来る


それぞれのデメリット

人材紹介のデメリット

  • 仲介手数料がかかる
  • 限定の仕方によっては適した人材がいない

基本的に仲介手数料として理論年収の30%を内定時に支払う形で仲介手数料が発生します。獲得する人材や人数によって料金の変動があります。 また、あまりにもピンポイントで採用条件を指定してしまうと、なかなか条件に合った人材に出会えない可能性があります。

求人媒体のデメリット

  • 求人の数が膨大なので埋もれてしまう可能性がある
  • 媒体の数が多いため選定が難しい
  • 紙媒体が使われなくなってきている

数多くの企業が掲載しているため新しく他社の掲載があれば自社の求人情報は下へ、下へと埋もれてしまい、求職者の目に入らなくなってしまう可能性もあります。運用がうまくいかないと「お金を払っているのに、全然人が集まらない!」なんてことも… また、マイナビ、リクナビ、dodaなど様々な媒体が存在するため、自社に合った媒体の選定が難しいです。 インターネット社会の現代では紙媒体を使う求職者は大幅に減ってきていることもデメリットとして挙げられます。

合同説明会のデメリット

  • 中途向けの説明会が少ない
  • 参加人数は認知度に依存する

合同説明会の多くは新卒学生向けのイベントであることが多く、中途採用を考えている企業向けとは言えません。 学生が説明を聞きに行く基準として知っている企業から説明を聞きに行く傾向があるので、小さな企業やBtoBの事業展開をしている企業だと学生に認知されていない可能性があります。 合同説明会における企業の第一印象は、ブースの装飾や社員の表情で決まります。せっかく来てくれた求職者にいい印象を与えられるような準備をしましょう。

・条件を絞りすぎると予算に合わなかったり、見つけられない場合がある ・求人媒体はうまく運用しないと埋もれる ・合同説明会は新卒向け


結局どの方法がいいの?

人材紹介、求人媒体、合同説明会のそれぞれのメリット、デメリットについて述べてきましたが、結局どの採用方法が適しているのでしょうか? 長期的にお金をかけず、即戦力となる人材が欲しい!という企業は人材紹介 じっくり大人数を採用したい!という企業は求人媒体 新卒学生を丁寧に採用したい!という企業は合同説明会 をお勧めします。

関連記事